忘れてた気持ち

お互い既婚者同士、微妙な関係の彼との記録を、マイペースに綴っていこうと思います。

多忙な彼

彼の仕事は専門的で、とてつもなく頭脳明晰じゃなければ務まらない。

人々の為になっている、尊敬すべき仕事。


ほんとすごいな~、って思う。


でもそんな職業の人には全然見えない彼。

最初、会ったときは不動産屋さんぽいなって思った。

不動産屋さんが悪いわけじゃくて、彼の職業よりも、不動産関係の方々のが、華やかな感じって意味で😅


彼は、小難しい話も一切しないし、お茶目で面白いし、見た目も素敵なんだ~。

あ、でもかなり私の好みが左右してるかもだけど😁


それにしても、本当に仕事がハードで、朝方までかかってることもあるし、彼に「仕事楽しいの?」って思わず聞いてしまった。

彼は「面白いね~⤴」って。


それはもう、大変な時は大人しく待って、応援してあげるしかないか~😆

って今なら思える。


1ヶ月前くらいは、この立場の私には、関係ないさ!って思ってたし、メールの返信も遅いと、他の人に目を向けたくなってしまったり…


彼のことは好きなのに、とにかく「私には女としての時間が、もう僅かしかないんだ~」っていう焦りがすごくて💦


でも、今こうしてブログを書くにあたって、彼とのメールを読み返してみると、彼はいつも優しいし、メールでも、あっさりしつつも私のこと気にしてくれてるし、二人ラブラブじゃないか~!


もう、他の人に目を向けないって決めた!


そういえば、お誘い断り続けてる年下イケメンから、久しぶりに連絡あって、「会える日ないの?」って言われたけど、「夏休みが始まるし、時間とれそうもないの」って答えといた😅


決定的には断れない私💦察してくれるのを待つのみ💦

でもでも、もう絶対よそ見しないからね!


この気持ちの変化は、つい先日のデートによるものでもあるんだよね😊

そのお話は、また後程~🎵